2007年02月23日

カーテンの美

カーテンが窓にしてあって、その一部がカーテン留めのベルトで絞り込まれているシーンがありますよね。

そうすると、カーテンはそこで言わばつり上げられて、その両側にはきれいな曲線が現われる。

そんなことについてまでアランは哲学しています。「垂れ布」という言い方で。

「垂れ布
そこには、持ち上げようとする人間の仕草と、疲れを知らぬ重力がすぐさま効果を発揮してそれを自然の法則に組み込むのとが、同時に現れます。」
(アラン 『芸術についての二十講』 p.144)

しかもこのことを、悲劇と喜劇の衣装にまで応用して考えます。

「垂れ布が悲劇にこそふさわしいものであることも解るでしょう。なにしろそれらは外部からの支配的な力、押し退けても襲いかかって来る力をかたどっているからであり、これに対して喜劇俳優は、体にピッタリした服を着て身軽に動きまわることができる。」(同書 p.146)

確かにギリシア悲劇なんかの舞台を思い出してみると、例えば『オイディプス王』とかの衣装は、長くゆったりと布が垂れているみたいだし、喜劇の、例えばイタリアのコメディア・デラルテのアルレッキーノなんか、ピエロみたいにピッタリの衣装だなあ、なんて思います。
ラベル:
posted by masaccio at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病気について

<病気になったら、病気について哲学しなさい>、といった人がいます(誰だったっけ?)。

アランもまた病気という言葉を結構使うんです。

例えば、

「苦悩とは最悪の病気であり、知恵を欠いた人間は、それとは気づかずにこれを持っているものだ。彼らは、苦悩のどん底にない場合でさえ、至るところ不機嫌であり、何よりも、生き生きとして感動を恐れている、なぜならたちまちそれは情念と化すからだ。」(アラン 『思索と行動のために』 p.409)

「苦悩のどん底にない場合でさえ」という箇所が重要な感じがします。
実際よりも事態を悪くする傾向に身を委ねているという意味で。

そういえば、こうした<実際よりも事態を悪くする傾向に身を委ねる>ことについて、アランは次のようにも書いていました。

「けちな頭には狂乱があり、一種の反逆があり、また、自発的な地獄落ちともいうべきものがある。」(アラン 『人間論』 p.250)

「誰もがすぐに自分を断罪してしまう。」(同書 p.251)とうわけでしょうね。
ラベル:病気
posted by masaccio at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪趣味について

「悪趣味とは恐らく装飾するために装飾したいという情念にほかならない。」(アラン 『諸芸術の体系』 p.249)

これはそうだと思うなあ。

私が古いのかも知れないけど、例えば、「ネールアート」なんて私には悪趣味に思えるんですがねえ。

まるで牛みたいに鼻にリングをつけてる奴とかも。
ラベル:趣味の良さ
posted by masaccio at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。