2007年06月15日

意志の教育

リセの哲学教師であったアランが、次のように述べているのは結構興味深いと思います。

「私は、生徒の勉強は性格のための試練であって、知性のためのものではないという結論に達する。それが綴り方であろうと、訳読あるいは計算であろうと、重要なのは気分に打ち勝つことであり、意欲することを学ぶことである。」(アラン 『教育論』 p.85)

というのも、<そういう意識で日本は教育などしているだろうか?>と思うからです。
もちろん、そういう教育こそ必要だと私は思うのです。

意欲というものを失ったような若者はあなたのまわりに結構いるんじゃないでしょうか?
いや、若者だけではないでしょう。

アランは、

「考えるとは意欲することなのである。」(アラン 『幸福論』 フランス語原文 p.91)

とまで言っています。

自分を決めつけて、意欲できないようにしてしまっている人さえ、見かけるでしょう。
次のような人です。

「まず自分を信じないのに何事かを企てるというのは、明らかに狂っている。意欲できると信じないで意欲すること、自分に対して大きな誓いを立てないで意欲することは、決して意欲することではない。自分が弱くて浮動することを予見する人は、既に弱くて浮動している。」(アラン 『思想と年齢』 p.93)

オプティミスムが意志の所産であることは、アランの主張の中でも多くの人が共感するところでしょう。

「あまり注目されていないことだが、オプティミズムが意志の所産であるのに対し、ペシミズムは人間が意欲を喪失したさい、直ちに陥る自然な状態である。その深い理由は、いい加減な思い付きを厳しく監視し、自己に誓いを立て、順序だてて行動する自己統御こそが、あらゆる幸福の源泉であると共にその条件だからである。人間は身体の動きに流されてしまうと、自分がどれほど陰気な自動人形に堕してしまうか、十分自覚していないのだ。」(アラン 『裁かれた戦争』 p.122)

対象をきちんと認識し、それを用いること。
これは大事です。
「思考し意欲する術は、航海の術に似ている。人間は大洋より弱いにかかわらず、横断に成功する。波や流れを利用するのだが、彼の望むがままに利用するのではない。流れや波の望むがままにでもない。」(アラン 『人間論』 p.30)

<なんでこんな世に生まれちゃたんだ! 別に生まれたくて生まれてきたんじゃないやい!>
なんて思う人もきっといるでしょうが、

「人は生まれることを選ぶわけではなく、もちろん自分の両親を選ぶわけでもない。それで、よい意欲、正しい意欲は、ここから出発して、出てくるものを伸ばすことにある。」(アラン 『人間論』 p.135)

という言葉もありますよ。
ラベル:意志
posted by masaccio at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

ひとりでに

<ひとりでに>起こることとはどんなものでしょう?

<自然に>と言ってもいい。

そういうものを肯定的に取っていいでしょうか?

日本には、老荘思想の影響もあって、無為自然を大事にするところがありますね。
西洋でも、ストア派の思想などには「自然に一致して生きる」といった考え方があります。

ここでは、否定的に取るべき場面について考えてみましょう。

「すべての凶事(まがいごと)は、ひとりでに起こる。計算違いも、ひとりでに起こる。パニックも、ひとりでに起こる。海難も、ひとりでに起こる。倒れるためには、注意力など、ちっとも必要でない。自然が、それを引き受けてくれる。間抜けであったり、不器用であったりするのは、むつかしいことではない。正義に悖るのは、むつかしいことではない。もうだめだと、考えることも、すべては躓き倒れる老人のようになる、と考えることも、むつかしいことではない。それは崩れ落ちる言葉である。これに逆らって、詩人は、創作するものだ、と私は思う。なぜなら、詩人は、言葉を垂直に立てるからである。もっと適切にいえば、彼は、あらかじめ、言葉を規則づけるのだ。なにをいおうとするか、まだわかってはいないのだが、彼は、規準に従ってものをいうことを、誓ったのだ。」
(アラン 『美学入門』 p.251)

この引用にもあるように、意志的な「誓い」こそ、詩人の言葉を救うものなのでしょう。

そんな厳しい誓いを立てて、思考し、行動することを、人々は忘れかけてはいないでしょうか?

教育の場面でもアランは次のような言葉を残しています。

「ひとりでに興味の沸くようなことのいけない点は、人がそれに興味を抱くのに骨をおらぬということであり、意志によってそれに興味を抱くことを学ばないということにある。」(アラン 『教育論』 p.12)
posted by masaccio at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

ラファエロの肖像画

フィレンツェのウッフィーツィ美術館で、ラファエロの肖像画を観たことがあります。
自画像です。
<いやー、こいつは一筋縄じゃあいかない人物だなあ>というのが、そのときの感想。
もちろん、<すごいなあ>ということです。

そこで、アランが肖像画について語っているところを見てみることにしましょう。

「〔肖像画が定着するもの〕原始的な裸の自然ではなく、経験を積み重ねてきた自然、しかもそれがそっくり一つの貴重なひとときのなかに集中し、そのひとときを画家が永久に定着するのです。それ自体の思い出を背負い、さまざまな出会いによって豊かにされ、さらには変化させられた一つの自然をゆっくりと形成する作業と、絶えず積み重ね、積み上げ、保存しつつ変化させる画家の作業そのものとの間に、対応関係があるのです。ここに閉じ込められているのは一つの魂の記憶であり、歴史なのです。」(アラン 『芸術二十講』白水社著作集5 p.238)

「彫刻の中には形而上学があり、絵画の中には心理学がある。」(アラン 『芸術について』白水社著作集旧版5 p.250)なんていう言葉もあります。

「画家の愛する対象、かつ画家だけが愛する対象である眼差しを、またその周囲のことを思ってみたまえ。眼差し、この魂の先端。」(同書 p.255)なんていう言葉も。

若くして死んだラファエロですが、アランのこうした指摘にあるように、そこに凝縮している「魂の記憶」、「歴史」、「心理学」、そして<眼差し、この魂の先端>を感じ取るには十分だった気がします。

まあ、いずれにしても、美しい絵を観るのは、幸福に資するものだと私なんかは思います。
ラベル:ラファエロ 肖像
posted by masaccio at 22:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。