2007年12月23日

精神というもの

精神をもう一度信じるというか、もう一度出発したくなるときがあるんじゃないでしょうか?

そんなときに次の言葉は結構いいなあ。

「とかく観念そのものは燃えがらにすぎないことがある。だが少なくとも精神というもの、これは冬一月の大地のようにいつでも精神でしかありようがない。」
(アラン    『彫刻家との対話』 p.13)
posted by masaccio at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。