2008年11月11日

アラン関係の重要なリンクを少し

次のものはフランス語なのですが、Insitut Alainとか、いろいろなアラン研究関係の重要なサイトです。

http://alain.institut.free.fr/index.html

http://alinalia.free.fr/
posted by masaccio at 11:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、はじめまして。

アランさんの著書について調べていたら、こちらのブログに辿り着きました。

私はアランさんの著書を読んだことがないのですが、コメント失礼します。

過去の記事から、アランさんや貴方の考え方の素晴らしさが伝わってきて、とても好感がもてましたし、勉強になりました。
(私はペシミストかもしれないので)

アランさんにかなりお詳しいと感じたので、
できたら、お知恵を借りたいのですが、「分身論」という著書はご存知でしょうか?

私の学んでいる芹沢光治良という作家の著書の中にアランの「分身論」が登場するのですが、古いせいなのか、フランス語でしか発刊されていないのか、なかなか見つからないです。

もし、ご存知でしたら、発刊社等教えていただけたら、とてもありがたいです。
Posted by アルテミス at 2008年11月17日 19:27
アルテミスさん、はじめまして。

アランに「分身論」という書物は無さそうなんですが・・・・。「分身」の原語(フランス語)はわかりますか?

また、芹沢光治良が、アランの「分身論」について書いている部分をちょっと教えていただけると探すヒントになると思います。
Posted by masaccio at 2008年11月18日 17:51
こんばんは、早速返答下さりありがとうございます。お忙しい身で、探してくださりありがとうございました。

分身論はなさそうとの旨了解しました。
先日、読書会でこの本の存在について話題になったのですが、色々な方が探しているのにみつからないとの内容でした。

作品の中では金銭面で困っていた時に古本屋に売ってしまったとも書いてありましたので、その時は古本屋で探すしかないね?との結論に達しました。

フランス語で載っていないのでわからないのですが、小説「神の計画」のP117にアランの分身論の要旨について触れられているので、参考までに・・・

「人間で、自己反省できるほどかしこい者は、誰でも、自分のなかに、目には見えないが、もう一人の自分がいて、自分を批判し、忠告し、激励してくれることに、気がつくが、そのもう一人の自分と、一生涯助け合って生きれば、これほどの幸福はないような一生が送れる」・・・以上が要旨です。

このような内容の著書に心当たりはございますか?

芹沢氏の作品の中で出てくる本は、実在する物がほとんどのようですが、フィクションも含まれていることもあるので、存在しない可能性もあります。





Posted by アルテミス at 2008年11月18日 22:00
アルテミスさん、こんばんは。

それに似た箇所はあります。

例えば、次の箇所。プラトンが、不当にも死刑となったソクラテスを思いながら思索をしたであろうことを念頭に置いた文章です。確かに「分身論」と言えばそう言える内容ですね。

「死んだソクラテスは完全に姿を現した。プラトンはもはや彼自身であるだけでなく、彼の中に反対者を持つことになり、彼は長い年月にわたって、彼自身以上に彼であるこの反対者とひそかに話し合ったのである。」(アラン 『イデー』 アラン著作集6 白水社 p.26)

何かのご参考になれば幸いです。
Posted by masaccio at 2008年11月18日 23:01
masaccioさんこんばんは。

貴重な情報ありがとうございます。
進展がありましたら報告しますね♪

それにしても、数あるアランさんの著書の中より
さらっと、例を挙げれるのは凄いですね。

通りすがりの者に対し、丁寧な対応を下さり
本当にありがとうございました。

心より感謝致します。
Posted by アルテミス at 2008年11月19日 21:55
アルテミスさん、こんばんは。

進展のご報告をお待ちします。

例を挙げるのに使っているのは個人的なデータベースです。興味をお持ちならば、ホームページの「コンピュータの部屋」に少し書いてありますので、ご覧下さい。

ではまた、何かの機会に。
Posted by masaccio at 2008年11月19日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109445423
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。