2009年10月14日

アランとライプニッツ

私は、アラン大好きと同時にライプニッツの研究者なんですが、この二つが結構うまく絡み始めたんですよね。

つい最近考え始めたのは、アランの「思想の歩み返し」とライプニッツが「アルノーとの書簡」で展開する「個体概念」の話。

面白そう。

でも、まだまだきちんと述べるには時間がかかりそうです。

「散文の法則・・・・その法則に従えば、迂回と歩み返しを経て、すべてのものが同時に出会うようでなければならない。」(アラン 『芸術論集』 世界の名著 p.175)
posted by masaccio at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130233921
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。