2006年12月03日

考えるということ---他人と私

考えるとは、他人の思考に注意を払うことだとアランは言います。
他人の思考の中に自分を認めようとすることだ、と。

考えるとは共通の精神に参加することだ、とも。

誰かが何かを発言する。
私はそれについて考える。
疑問が生じる。
どういうことなのかを、<自分で考えて>、質問する。
相手は、自分の発言を吟味してくれたことを喜びつつ、
私の理解との差違をさらに発言する。
両者の理解が深まる。
人間としても、話題としても。

そこにこそ、他人も、共通の精神もあるのではないでしょうか?
ラベル:他人
posted by masaccio at 23:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。