2007年03月29日

拒否すること

思考と拒否とが密接に関わっている、というと不思議に思うでしょうか?
しかし、思考するとは、差し出されたものを吟味することです。
なあなあで受け入れてしまったり、面倒くさがったりしていては思考は消えてしまうのです。
無意識になる、いや、<気を失う>とでもいう事態が生じるのです。

アランは簡潔に次のように書きます。

「思考するとは拒否することだ。」(アラン 『宗教論』 p.157)

そしてそれは次のようなことでもあります。

「思考とは意志的なものであることを知ることが必要だ。」(アラン 『思索と行動のために』 p.169)
「実は、意志的なものでない意識などというものはなく、また意志的なものでない思想などというものもない。」(アラン 『神々』 p.142)

また「怒り」について考えてみましょう。
怒りは「恐怖の結果として自然に生じる」とアランは言います。
そうだとすると、些細なことにでも恐怖を抱く人は、自然に、容易に、怒りを抱くということもわかるでしょう。
「臆病な人たち」とは、そういう人たちなわけです。

「臆病な人間は、他人との交際で、すべてを聞き、すべてを取り集め、すべてを解決したがる。」(アラン 『幸福論』 p.77)

もちろん、<他人は私についてどう言っているのか?>、<悪口を言われているのではないか?>などといった取り越し苦労(これも恐怖でしょう)が、怒りを生みだすのです。
<気にしない>ことができないのです。

「私がしばしば考えたところでは、情念に駆られた不正な愛と解される人間嫌いは、多くは、人の言う言葉を気にしすぎることに基づいている。」(アラン 『わが思索のあと』 p.240)

だからこそ、<気にしないこと>を訓練しなければならないでしょう。

「処世術の秘訣は、礼節をつくしながら何も考えないこと、他人がそれを何と思おうと気にしないことである。」
(アラン 『感情・情念・表徴』 p.200)

この<恐怖から怒りへ>の道筋・メカニズムを理解することによって、その移り行きを<拒絶する>か、
それができないにしても少なくとも<統御する>必要があるでしょう。

「情念の本当の原因を知らない限り、人間は情念に対して全く無力」(アラン 『幸福論』 p.10)なのですから。
posted by masaccio at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
否と言うこと、対立することが自己の存在を確固としたものにし、ひいては対象の存在をも明確にするというアランの考えは簡明ですが、実際に行おうとすると、特に日本社会では難しいですね。アランには、俗っぽい心理学的な処世法にはない思考の「垂直性」があるので、いつ読んでも新鮮です。
Posted by 昔のバロック少年 at 2007年03月30日 17:35
そうですね。
日本社会の問題というものがあるのでしょうね。
ただ、そろそろ変わり始めているかも。
終身雇用や年功序列が崩れ始め、年金制度が怪しくなり、会社や世間に寄りかかるのではなく、日本人一人一人が、「自己」を確立しなくてはならない時代に入ったのかも知れませんよ。
若い人たちを観ていると、たまに、そう思うことがあります。
Posted by masaccio at 2007年03月30日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。