2007年04月28日

批判とディベート、そして会話

ディベートっていうのは、もう35年以上も前に初めてやりました。
大学に入ったばかりのとき、いわゆる勉強会をやるサークルに入っていたのです。
そこで、やった。
初めから嫌いでした。
なんだか、自分の本心とは別に議論に勝つ技術ばかり磨くのは性に合わなかった。
まあ、確かに、世の中、議論に勝たなきゃ悔しい思いをしたりするんですけどね。

批判して議論に勝つ、それがディベートなんでしょうね。

そんな会話は、アランが次のように書くような進み方をするんでしょうね。

「会話は、暴君的な法則をもっているものだ。」(アラン 『美学入門』 p.110)

でも、そんなことより私は会話を楽しみたいなあ。

楽しみための会話にも注意すべき点があることの指摘もアランは忘れていません。

「長年にわたってサロンをひらいていた、さる貴婦人が、私にこういったものだ。『会話を生き生きとはずませるためには、遊び半分に反論するよう心がけることが必要です。ところが、そんなことをしていた日には、判断力を狂わせてしまうのです』と。この言葉は、人が考える以上に真実である。しかしながら、このことを認める人は少ない。それほど、交際の楽しみというものは、大きいものである。」(同前)

さて、何を会話では話したらいいんでしょうか?
次のようなことかもしれませんね。

「会話ということについてスピノザは忠告する。人間の隷属状態だとか、弱点だとか、悲しみだとかについては控え目に、反対に力だとか、喜びだとかについては、存分に話すがいい、と。」
(アラン 『思索と行動のために』 p.372)

そして会話の相手に優越感をもったところで何の意味もないのではないでしょうか?

「私は精神に話しかける。それになんどか話しかける、深く眠った人にたいするように。精神は夢の中で私に答え、見当違いの答えをする。もし君が会話の浅い楽しみしか求めないのであれば、この試験は君に優越感を与えるに足りる。だがその優越感は、眠っている人を揺りおこしてみない限り不確かだ。これは神様かもしれぬ、神様がぼくをからかっているのかもしれぬ、とこう考えるがよろしい。精神に思いをいたすやいなや、優越感は消える。」(アラン 『人間論』 pp.261-262)

ソクラテスは、そうやって対話の相手を揺り起こしてみようとしたんでしょうね。
タグ:ディベート
posted by masaccio at 15:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっしゃってることに同感です。以前に議論のハウツー書を読んで、そこにプラトンは一番見習ってはいけない存在だと書かれているのに驚き、あきれた記憶があります。ソフィストがもてはやされるのは、ギリシャの昔だけではありません。 
 ロゴスに導かれて真理を求める対話者の魂が互いに精神の高みを目指すという、その美しさがアランのプラトン論を読むとよくわかります。議論で勝っても得られるのは自己満足だけでしょう。人間は筋の通り過ぎる言説には心を閉ざすというのもアランの言葉でした。
Posted by 昔のバロック少年 at 2007年05月03日 21:06
昔のバロック少年さん、いつもコメントありがとうございます。

実は、私はプラトンがかなり好きです。
アリストテレスよりもずっと。

ギリシア語も、フランス語との対訳本あたりを使えば、時間がかかりますが読めるぐらいには勉強したのですが・・・。とにかく時間はかかります。その時間が今ないので、素人読みを楽しむのは定年後ですかね。

そうですね、アランのプラトン論はいいですねえ。

最近、見事な会話をする人に出会う機会が減っているようなのが、気がかりです。

論理が強制力になってしまっていることに気づいていないんでしょうね。強制力じゃなくて、魅力が大切なんじゃないかなぁ。
Posted by masaccio at 2007年05月05日 12:25
はじめまして!私は「★ホッカリーモの記録★ハッピーリミテッドエディショナー」という学習法や思考法に関してのブログを運営しているホッカリーモというものです。今後ともよろしくおねがいいたします。応援させていただきます。がんばってくださいネ♪
Posted by ★ホッカリーモの記録★ハッピーリミテッドエディショナー♪のホッカリーモ at 2007年05月06日 14:51
ホッカリーモさん、応援ありがとうございます。
時間を見つけて細々とやっているブログですが、よろしく。
Posted by masaccio at 2007年05月07日 21:46
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/subjectofexperiment/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/subjectofexperiment/?mode=edit&title=%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3FK%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3Fl%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F&address=http%3A%2F%2Fmasaccio%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/subjectofexperiment/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2007年05月08日 14:56
こんにちは、ホッカです。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
これからもがんばってください。
お返事ありがとうございました。
では。
Posted by 「ノート術・学習法+健康法・思考法のホッカ」のホッカリーモ」 at 2007年09月10日 12:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40257219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。